介護療養の必要性

『介護』―最近ではよくそれに関する問題が取り沙汰されるようになりました。
いわゆる『介護疲れ』が招いた、悲惨な事件も取り上げられ、実際にどこに問題があるのか、という点なども議論されています。
日本では、今現在介護を必要とする人に対して、絶対的にそれを介護できるだけの資格を持ち、働ける人が少ない、と言われています。
やはりイメージもあり、介護職に自ら就こう、という人が少なくなっているのも事実です。
しかし、これからの時代、やはりそういったスタッフは絶対的に必要となるのです。
現代は「超」が付くほどの高齢社会です。
高齢『化』社会ではありません。
すでに多い高齢者はこれからも増え続け、今議論されているように、本当に少ない人数で、たくさんの高齢者を支えていかなければならない時代なのです。
実際に生活の世話や介護を必要とする人が、どのように様々なサービスを受けることができるのか、これが重要なことなのです。

さて、高齢者、といってもそれぞれが置かれている環境は大きく異なります。
元気に暮らしていらっしゃる方もおられれば、病院通いをされている方もおられます。
また、実際に生活を支えてくれるような人がいなければ生活できない人もいますし、要介護者もいます。
それらの人たちを、支えるだけの『人』と、介護療養のための『施設』が足りずに、未だ受けられるべきサービスを受けられていない人がいます。
そういった問題を、どのように考えるべきでしょうか。
これから、どんなことが行えるでしょうか。



★管理人特選サイト
病床での生活の質にも力を入れている療養病院です > 療養病院 入院